♠️♣️日本のベストポーカープレイヤー♥️♦️

♠️♣️日本のベストポーカープレイヤー♥️♦️

によって公開 ポール・マーヴィン, 20 5月 2022

ギャンブルはアジアの国である日本では全国的な話題です。政府は数年間慎重にギャンブルの禁止を実施しており、政府が運営する賭博ゲームやスポーツはほんの数回しか許可されていません。ギャンブルスポーツとしても知られる競馬や自転車レースは、多くの政府プロジェクトを支援し、社会で受け入れられるようになっていると報告されています。

一方、カジノは依然として論争の的となっています。この議論は、統合型リゾート推進法の成立に至りました。 2016年、日本の議会は、国内のゲーム部門を変更する法律を可決しました。政府は統合型リゾートに3つのカジノライセンスを付与し、ゲームスペースはリゾートの総床面積の約3%で、陸上のカジノはゼロから増加します。

しかし、ギャンブルに関しては、日本はそれほど遅れをとっていません。アジア人はギャンブルを楽しんでおり、日本も例外ではありません。国内の多くのギャンブラーは、外国を拠点とするインターネットカジノでプレーすることを好みます。政府はこれを認識しており、オフショアカジノに対する権限がないため、これを容認しています。その競争力、およびオンラインカジノを介した可用性とアクセス可能性のために、オンラインポーカーは国内で人気が高まっています。

トーナメント主催者のエネルギーと革新は、日出ずる国でのポーカーの出現にも貢献しています。彼らは過去に日本で休暇パッケージなどの非金銭的賞を授与することによってトーナメントを開催しました。現在、多くの日本人プレイヤーがAPPT、マカオポーカーカップ、APTなどの重要な国際トーナメントに参加しています。

🤔日本で最高のポーカープレイヤーは誰ですか?

Top Japanese player

田坂義弘

ヨシヒロは、2008年にPokerStars.netがスポンサーとなったAPPTソウルで優勝した後、注目を集めました。プロのポーカープレーヤーは、トーナメントから賞金$128,199を獲得しました。 彼は、アジアパシフィックポーカーツアーで優勝した最初の日本人プレーヤーであり、世界中から160人以上の対戦相手を打ち負かしました。 ヨシヒロは、韓国のパラダイスウォーカーヒルカジノで、ヘヴァドカーン、グレッグレイマー、ベルトラン「エルキー」グロスペリアを克服しました。

Top Japanese player

ユキコ

ユキコは、日本からのもう1人の成功したプロポーカープレーヤーです。 彼は2013年にプロとしてプレーし始めましたが、彼の最初の重要な勝利は2016年にオージーミリオンズポットリミットオマハで $37,382 を持ち帰ったときでした。 コは数か月後にアジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)ポットリミットオマハで優勝し、ライブの総収益は$24,986になりました。

コは、2年後にAPPTノーリミットホールデム–APPT Nationalを$31,647で獲得しました。 彼はまた、APPTシングルデイハイローラーイベントで優勝し、$62,236を支払いました。 彼は現在、日本で14番目に高い給料のアスリートです。

Top Japanese player

一ノ瀬光生

日本の超新星エリートプレーヤーとしても知られる一ノ瀬は、安定したポーカーキャリアを持っています。 一ノ瀬は2000年代初頭からポーカートーナメントで一貫して優勝しています。 彼の最初の大きな勝利は2006年で、マカオポーカーカップのノーリミットホールデムイベントで $24,812を獲得しました。 一ノ瀬は2013年にAPPTソウルのノーリミットホールデム–ハイローラートーナメントで優勝し、$46,918を獲得しました。また、2014年のマカオミリオンズでのノーリミットホールデムイベントでも優勝しました。 一ノ瀬はまた、2017ポーカーキングカップとAPTマカオ-ハイローラーでそれぞれ43,027ドルと31,793ドルを持ち帰りました。 彼の最近の勝利はAPT– High Rollers and Monster Stackで、合計 $28,200を獲得しました。

Top Japanese player

マブチモトユキ

馬渕元之は、日本の大阪出身のもう一人の優れたポーカープレイヤーです。 マブチの収益は、すべて米国で開催されたイベントから得られます。 彼はまだアジアのトーナメントに参加していません。 彼の最初で最も重要な勝利は、ラスベガスで開催された2007年の第5回ファイブスターワールドポーカークラシックで、$274,950を獲得しました。 彼の次の重要な勝利は、2008年の $112,693WSOPサーキットチャンピオンシップでした。

Top Japanese player

関谷陽介

関谷陽介は、アジアのライブトーナメントやアメリカのワールドシリーズオブポーカーに出場する日本のプロポーカープレーヤーです。 長年、関谷はプロのポーカーをプレーしてきました。 彼の最初の記録された給料日は、2010年5月にAPPTサイドイベントで3位になり、$19,000以上を獲得しました。 関谷は2012年のマカオポーカーカップメインイベントで2位に終わり、バンクロールを $97,848増やしました。 彼は、ほんの数か月後にオージーミリオンズで開催されたホールデム/ポットリミットオマハ混合イベントで優勝しました。 その後、APTマニラメインイベントで3位に終わった。 彼は一連の勝利の後、2012年にアジア年間最優秀プレーヤーに選ばれました。

Top Japanese player

ツグナリトーマ

ツグナリトーマは、ヨーロッパで最も有名な日本のポーカープレーヤーの1人です。 トーマは2011年に、主にアジアのトーナメントでポーカーを始めました。 彼は2012APPTACOPメインイベントで6位に終わり、$122,830を獲得しました。 彼は何年にもわたってヨーロッパを征服し続けました。 トーマは2016年にEuropeanPokerTour(EPT)のNo Limit Hold'em –Turboイベントで優勝しました。彼は2018EPT –プラハで2位に終わり、その過程で$216,964を集めました。

Top Japanese player

よぶしか和彦

ヨブシカカズヒコは日本の東京出身で、アジアで最も成功しているポーカープレイヤーの一人です。 彼の最初の勝利は、2016年にラスベガスのリオデイリーディープスタックで行われました。彼は過去に良いキャリアを持っていましたが、2018年はリオデイリーディープスタック、EPT –バルセロナ、日本ハイローラーフェスティバル–スペシャルで優勝した彼の年のようです。 ハイローラーとショートデッキのイベント、AJPCアジアンサーキット–ハイローラーターボ、AJPCアジアンサーキット–メインイベント。 さらに、彼はWPTファイブダイアモンドワールドポーカークラシックで5位になりました。

Top Japanese player

土川哲也

土川哲也は年末までに話題を呼んだ。 昨年10月、彼はベトナムのホーチミン市で開催された2018 AsianPokerTournamentで優勝しました。 彼はまた、マカオとフィリピンでのAPTイベントで優勝し、思い出に残る年を過ごしました。 彼の最高の勝利は2011年にマカオポーカーカップから$91,860を持ち帰ったときでした。

Top Japanese player

木原直哉

木原直哉は日本の最も有名なポーカープレイヤーの一人です。 彼は2010年からポーカーをプレーしていますが、彼の名声は、ワールドシリーズオブポーカーブレスレットを獲得した最初の日本人プレーヤーになり、$50万近くを獲得したときに生まれました。 彼は勝利以来、オンラインポーカーの大国であるPokerStarsによって署名されています。 木原は現在、彼の有名人を使って、単なるギャンブルではなく、スポーツとしてポーカーを宣伝しています。

Top Japanese player

伊織陽吾

伊織陽吾は、日本で注目を集めている有名人です。 彼の10年以上のプロポーカーで、彼はオージーミリオンズからアジアポーカートーナメントに至るまでのさまざまなトーナメントに参加してきました。 彼はライブトーナメントに移る前にオンラインカジノでプレーすることからポーカーのキャリアを始めました。 彼は過去に賞金を獲得したことがありますが、彼の最も注目すべき勝利は2013年にオーストラリアとニュージーランドのポーカートーナメントで約 $19,000で優勝したことです。

陽吾は2018年も力強い年であり、APT –ノーリミットホールデムチャンピオンシップイベント、APT –ハイロースプリット、APTメインイベント、ディープスタックスチャンピオンシップポーカーで優勝しました。

Top Japanese player

香川正晃

リストで最も有名な名前の1つは香川正明です。 ポーカーでの勝利は別として、加川は2013年にマルウェアの電子メール詐欺に関与したことで投獄されたときに話題になりました。

香川は逮捕される前に多くのお金を稼ぎ、2013年のオージーミリオンズポーカーチャンピオンシップで $337,824で3位に終わりました。

Top Japanese player

小倉隆

小倉隆はポーカー界の新星です。 彼は多くの主要なトーナメントで優勝し、ハイステークストーナメントに参加することで多くのお金を稼いでいます。 彼の最近の勝利は、韓国の仁川で$74,074を獲得したアジアオープンポーカーツアーでした。 2018ポーカーキングカップマカオ(2位):$168,786と2018アジアパシフィックポーカーツアーマカオ(1位):$350,628は、他の2つの注目すべき賞金です。

国は多くの優れたポーカープレーヤーを生み出してきました。 日本の史上最高のお金のリストのトップにいる人々は、米国やヨーロッパの他の有名人と同じ実績を持っていないかもしれませんが、彼らは確かに彼ら自身の名前を作っています。

日本カジノはオンラインカジノの旅を始める前に知っておく必要のあるカジノライブカジノ、最新のゲームに関するすべてのレビューを提供できることを誇りに思っています。 ここに行って確認してください!

注目のカジノ

規約が適用されます

トップカジノ

規約が適用されます

ニュースとオファー

トップゲーム

規約が適用されます